トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

リーゼント?

この頃、車の燃料の関係で同僚の皆さんと

乗りあわせで通勤しております。rvcar

一年後輩のFさん、

「仙台の孫に誕生祝送るきしたきゃ、運送会社で

とどげれねって、震災だもの、すかだねぇなぁ」despair

そうか、それはしょうがないな・・・sweat01

まだ、ホントに震災がおきて途方にくれている人がわんさか

いるんだものな。

震災のストレスか、宮城の娘も少し体調をくずしたようです。

ちょっと気になります。

そんな中、送られてくる孫ちゃんの写真。

Photo_3

ありゃりゃ、いっちょまえにパソコンやってら!

Photo_4

おっ、リーゼントかい?つっぱってるな!happy01

ママちゃんのいたずらでした。

2011年3月28日 (月)

少し情報が・・

震災について

先日、前の会社にいたときの得意先の方々の
安否を心配している旨投稿したところ
私のブログを見てくれている前の会社の人から
電話をいただきました。

宮古の高京さんは、床上まで津波が
押し寄せたようですが、
幸いに建物は無事な様子です。

3ヶ月に一回くらいのペースで
店舗のディスプレーや販売企画のために
訪問していたお店でした。
2月に宮古に遊びに行ったときも
なつかしいのでわざとお店の前を
通ってみました。
はっきりとはわかりませんが、
震災後に前の会社と荷物のやり取りもあったとのことで、
何とかある程度無事にいるのではないかと思います。

釜石のこんのさんは、商店街ごとそっくり
消失したらしいとのことです。

私が40歳頃に、鉄工所を経営していたこんのさんが
突然盛岡に尋ねてこられました。
商店街の空き店舗を使って
商売をしてみたいということでした。
それ以来、社長さん夫婦と手探りで
店の内容・キャラクター・レイアウトなどを
手がけて育ててきました。
社長さん夫妻の似顔のキャラクターは
大変喜んでいただきました。

心配しておりましたが
しかし一昨日のテレビ画面に、
社長さんの姿が映ったとのことです。

気仙沼の萬屋さんは、
その地区は回りがほとんど全て
流されたとのことですが、
ちょっとした地形の偶然か何かで
萬屋さんの店だけがぽつんと残って
いるようです。
しかし、お店の方々については
何もわかりません。

石巻のカトーさんについては
まったく何もわかりません。

いろいろな企画のお手伝いをさせていただきました。
いろいろな印刷物をデザインさせていただきました。
お店の15メートル近いシャッターには
私のデザインしたうさぎのイラストを描いて
いただきました。
それも、のこっているのかどうか。
そしてなにより社長夫妻は無事なのかどうか・・

さらには陸前高田のカネオトさん、
新聞で陸前高田の光景を見るたびに
絶望感に襲われます。
気仙地方一帯の
「気仙を贈ろうふるさと宅配便」
という企画で息子に荷物を送るお母さんの
キャラクターを社長さんに頼まれて作りました。

いったい無事なのかどうか・・

山田町のさとうさん、大槌の菊池さんの各お店や
田老のマルカさん夫妻の消息も
心配ですが様子はわかりません。

でも、電話をくれた彼には感謝しています。

そして、あの人は無事だった・・そんな報が
いつか届くことを願っています。

2011年3月27日 (日)

いよいよ・・

いよいよ・・
いよいよホーレンソウが始まりました蘐

2011年3月26日 (土)

地震の爪あと

大地震の爪あとは、あまりにも大きく
さほど被害のない私たちの地区にさえ
強い影を落としています。

ましてや直に津波を受けた沿岸の人たちの
こととなると、どうにも言葉に表すこともできません。


前の会社に勤めていたときの、得意先の方々の
顔がうかんできます。


田老のマルカさん、宮古の高京さん、山田のサトウさん、

釜石のこんのさん、気仙沼の萬屋さん、石巻のカトーさん、

陸前高田のカネオトさん、大槌の菊池さん

みんなどうなったのかまったくわかりません。


とても信じられない思いです。

どうかせめて、無事でいることを願わずにはいられません。




大地震から2週間が経ちました。

長女夫婦も宮城にいて、多少の被害を受け
いま、旦那さんの実家にお世話になっています。

今日も夕方、少し大きめの余震で揺れました。
なかなかおさまる気配を見せません。

まだまだ物不足、燃料不足で仕事に出かけるのも
ままならないようですが、
昨年生まれた孫の様子に、少し慰められます。

時々送られてくる携帯の動画に、
手を振りながら明るくはしゃぐ様子、
またついに歯が生えてきてお菓子を
かじったりしているらしいこと、
回りの家族の会話にあーうーと
加わろうとしているかのような様子、
思わずにっこりさせられます。lovely


子供の声には不思議な力があります。
私たちに苦労や心配や年齢を忘れさせる
希望の力があります。


原子力発電所の行方や復興のことなど
いろいろな課題が恐ろしいほど高く
山積みになりましたが
国一丸となって、この子達のために
乗り切っていけることを望んでいます。




先日、家の近くの山すそに黄色い花を
見つけました。

Dsc_0021

近くの木々は、確実に芽吹きに向かっています。

Dsc_0041_2

しかし今日は雪が降りました。

被災地は厳しい夜となるのかもしれません。


少しでも早く、暖かな春が来るように
祈るばかりです。

はじめまして

今回、初めて投稿してみます。よろしくお願いします。coldsweats01

トップページ | 2011年4月 »