« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月22日 (土)

永遠のゼロ

最終日の最後の上映、ぎりぎり滑り込みで

見てきました。

「永遠のゼロ」

 

ん~、あの本1冊の思いを1本だけの映画で収めきるには

ちょっときびしかったようにも思います。

 

でも、戦闘シーンのCG、よくできてました。

戦闘シーン、女房にはリアルすぎてちょっと具合悪くなったとか言ってました。

 

「特攻隊」・・・・信じられないような、でも実際に多くの人が

命じられて、死に向かって突撃していった。

なんとも言いようがありません。

 

でも現実はさらにもっとどろどろしたものなんでしょうが。

私の記憶の中では、昭和40年ごろまでは戦争が原因で

腕や足のない人が道端に箱やかごを置いて

お金や物乞いをしていた・・・。

そんな光景を思い出します。

戦争はやっぱりない方がいいな。

 

 

 

 

話は変わって、この前昔のスキーのことをかいたので

今日は、「そり」。

 

いまは、「そり」って言うとプラスチック製のものが一般的ですが、

Photo

昔はほとんど、手作り製でしたね。

結構よく滑る、そんな記憶があります。

 

箱ぞりは、高学年の子供が中にわらや布団をしいて

小さな弟や妹を乗せて子守りをしていたというイメージがあります。

 

足で舵を取るタイプを持っている子は、ちょっと優越感がありますが

でも意外に滑らなかったと思います。

 

昔は「板」なんか売っていなくて、大人が山から丸太を切ってきて

発動機と製材丸のこを組み合わせて、板を切り出すことから

やっていたから、そりに使う「板」でも結構貴重なものだったと思います。

だから、どこの家にもそりがあるというわけではありませんでした。

 

冬は斜面があればすぐそりを引っ張って登っていく、

だーっと滑り降りてくる。

それも割と崖に近いような急傾斜を競って

滑り降りたりしてましたね。

2014年2月20日 (木)

スキー

ブログを更新しないうちに

オリンピックが始まっていて

思いがけない喜びや、期待通りにいかない涙・・・・

いろんなドラマが展開されていますが・・・

 

 

 

そういえば、私も小さいころはよくスキーとか遊んでました。

だいいち、家は高原にあったので近くの山をスキーで登ると

その向こうはふもとの学校裏近くまでノンストップで

滑っていける・・そんな環境でもありました。

そのかわり、学校の帰りは坂道を担いで帰りました。( ̄Д ̄;;

 

 

子供の頃のスキーは

B

今のようなスキー靴とかはなくて、長靴をはいて

ベルトで固定していました。

中にはスキー板は親父の手作り、なんていう子供もいました。

スキーの先端を曲げるのは、お湯に入れて曲げるとか、聞いたことがあります。

それから、このベルトはノルディックのようにかかとが自由に上がるタイプ。

だから、リフトがなくてもスキーをはいたままどんどん山に

横向きに登って行って

そして滑り降りてくる、・・のがスキーだと思っていました。

 

それと思い出すのは歌手の加山雄三がやってみせた

くるくる回る回転滑り。

下に降りるまでに何回まわれるか、というのを競って遊んだりしました。

あれ、今やっている人みたことないな・・

というか、今のようにエッジが効いているスキーでは

できないのかもしれないですね。

自分たちで、小さなジャンプ台なんかも作って飛んでましたね。

いや、飛んだとは言えないか。

 

 

でも、今のオリンピックのスキー競技見てると

けっこう、アクロバットな競技があるのに驚きます。

すごいなー、あれやったら俺、一度でバラバラ、だろうな~。


2014年2月 9日 (日)

似顔絵

寒い日が続いて

体調を崩している人がぽつりぽつりと・・

 

孫ちゃんも先日風邪をひいて、今度はママちゃんに。

我が家も私が風邪気味になったと思ったら

今度は女房が・・しかもちょっと熱が高いぞ・・

 

いや~、ほんとに真冬だな~。

 

 

そういえば今日は、東京も大雪。

宮城の孫ちゃん宅も、朝玄関のドアを開けようとしたら

雪でぎしぎしとなってようやく開けたとか。

 

みなさん、ご注意ください。

 

 

そんななか、孫のお兄ちゃんの方が先日

お手紙をくれました。

Photo

3

みんなの似顔絵を描いてくれた~。

え~~、書けるんだ!って、みんなでびっくり。

早速、電話して

「お手紙、届いたよ~!」って。

Photo_2

そうしたら、電話が来るのを楽しみに待ってたみたいで、

「お顔、かいてくれてありがとう!上手だね~。」って言ったら

けっこう照れてたみたいですが、

嬉しくて、電話の向こうで走り回っていたみたいです。

 

「また書いて送ってね~。」

「うん、わかった~」だって。

どんどん成長してるな~。

楽しみです。




2014年2月 3日 (月)

誘っていただいて~

土曜日、未来パパさんやうら若き方々にお誘いいただいて、

飲み会に。

男3人女4人の「7人物語」・・・

 

すみません、こんなおじさん混ぜていただいて・・。

 

 

最初に一次会で、食べて飲んでエネルギーを補給して

その日の目的地、未来パパさん馴染みの

フォークソング居酒屋へ。

 

未来パパさんの言うように、年配の比率が多い感じで

みんな嬉しそうにフォークソング歌ってました。

Image8

みんな、青春があったんだな~・・って、思った。

 

なので、未来パパさんやSさんやTさんが歌った後に

思い切って歌わせていただきました。

 

Photo

普段の飲み会とかでは、あまり歌えない曲だったとおもいます。

でも、ちゃんとマスターがハモってくれてて、

しかも外れるわたしに伴奏を合わせてくれたので

助かりました~。

気がついたら、次の日になってたw(゚o゚)w

 

でも、楽しかったです。

みなさんありがとうございました。

 

 

ちなみにマスター、民間のFM放送番組で

パーソナリティーを務めていて、

フォークソングを語っているので、

時々録音して聞いています。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »